10代・20代前半の男のほうれい線対策|3つのポイント

10代・20代前半の男のほうれい線対策|3つのポイント

 

 

 

 

ここでは、10代・20代前半の男性ほうれい線対策についてご紹介しています。

 

 

 

まだ10代・20代と若いのにほうれい線ができるのは何故なのでしょうか?

 

 

 

↓30代・40代男性のほうれい線ケアについてはこちら
30代・40代男性のほうれい線対策|2つのポイント

 

 

 

 

10代・20代前半なのにほうれい線ができる原因

 

10代・20代前半男性のほうれい線の原因1 乾燥

 

10代・20代前半とまだ若くても、肌が乾燥するとほうれい線ができることがあります。

 

まだ小さい子供でも肌が乾燥すると小じわが出来るほどなので、若い人にほうれい線ができるのはおかしい事ではないんですね。

 

女性は保湿ケアをしっかりしている人が多いですが、男性にはまだ少ないため、保湿不足によってほうれい線ができるという事もあります。

 

 

 

 

10代・20代前半男性のほうれい線の原因2 紫外線

 

女性と比べて、男性は紫外線対策をしっかりしている人が少ないので紫外線の影響をまともに受けてしまいます。

 

紫外線を浴びると「肌が黒くなる」「シミができる」というイメージがあるかもしれませんが、紫外線は肌のコラーゲンを破壊してシワ・たるみも引き起こします。

 

そのため紫外線対策をしっかりしないと、肌のコラーゲンが壊れてほうれい線が早くからできてしまいます。

 

 

 

 

 

 

10代・20代前半の男性のほうれい線対策

 

10代・20代前半男性のほうれい線対策1 乾燥を防ぐ

 

10代・20代前半の男性がほうれい線をなくすには、肌を乾燥させないことが大切です。

 

肌が乾燥すると、ほうれい線だけでなく毛穴やたるみ、くすみ、ニキビなどの原因もつくってしまいます。

 

美肌に最適の湿度は60%ほどだといわれています。加湿器などをセットして、部屋の湿度を高くキープしていきましょう。あまり湿度が高すぎても過ごしにくくなるので、60%くらいまでをオススメ致します。

 

 

 

 

 

10代・20代前半男性のほうれい線対策2 紫外線対策

 

諸説ありますが、「肌老化の原因の80%は紫外線によるもの」といわれています。

 

そんな紫外線を徹底的にカットすれば、ほうれい線ができないように、濃くならないように予防することができます。

 

ほうれい線の原因になるのは紫外線のうちUV-A波なので、UV-Aを強力にカットできる日焼け止めを普段使いしましょう。

 

PAの横に+がついていると思いますが、+が多ければ多いほど強力にA波をカットできます。

 

PA+、PA++、PA+++、PA++++のように段階に分かれているので、日焼け止めを選ぶときはパッケージをチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

10代・20代前半男性のほうれい線対策3 保湿ケア

 

10代・20代前半の男性がほうれい線をなくすには、保湿ケアが効果的です。

 

ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンのような保湿成分がたっぷり入っている化粧品で、朝晩スキンケアをしていきましょう。

 

頬の筋肉をほぐすように、軽くマッサージしながら塗るとよりほうれい線に効かせられます。

 

 

 

 

↓男性のほうれい線用化粧品についてはこちら
男性のほうれい線ケアにおすすめの化粧品3選

 

 

 

 

 

まとめ 10代・20代前半男性のほうれい線ケア

 

 

いかがでしたか?

 

まだ10代〜20代でもほうれい線が目立つことはあるんですね。

 

ポイントを押さえてスキンケアをして、ほうれい線の目立たない爽やかフェイスになりましょう!

 

 

 

 

 

 


 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消