アルジルリンの効果・副作用|アルジリン化粧品の選び方

アルジルリンの効果・副作用|アルジルリン化粧品の選び方

アルジルリンの効果・副作用|アルジルリン化粧品の選び方

 

 

アルジルリン(アルジレリン・アルジリン)は、「塗るボトックス」として有名なシワ消し成分の1つです。

 

 

 

「聞きなれない名前だし、それって安全なの?本当に効果あるの?」という時に知っておきたい、アルジルリンの効果副作用、安全性、そしてアルジルリン配合の化粧品についてまとめてみました。

 

 

 

そもそもアルジルリンとは?

アルジルリンとは?

 

 

アルジルリンとは、スペインの製薬会社が開発した美容成分(合成ペプチド)で、「塗るボトックス」と呼ばれるほどシワに効果があるとされる成分です。

 

 

スペインでは法律でボトックス注射が禁止されていたため、ボトックスを打たずにシワを消せるようにと開発されたのが始まりのようですね。

 

 

ボトックス注射は魔法のようにシワを消すことができますが、”ボツリヌス毒素”という成分を筋肉に直接打つので、リスクもゼロではありません。

 

 

そこで、「ボトックスを打つのは怖いけどシワを消したい…」という人に人気が出たのがアルジルリンというわけなんですね。

 

 

確かに、ボトックスって興味はあっても実際に打つのは勇気がいるし怖いですよね。

 

 

アルジルリンのような成分があったら飛びつきたくなるのも分かる…!

 

 

 

 

アルジルリンは表情ジワに向いている成分


アルジルリンの効果・副作用

 

 

アルジルリンは、シワの中でも特に表情ジワのケアに向いている成分です。

 

 

表情ジワとは、笑いジワや眉間のシワ、おでこのシワなどの、表情を変えることできるシワのこと。

 

 

表情ジワは、表情を動かす時に"アセチルコリン"という神経伝達物質が過剰に出ることによって表情筋が必要以上に動き、出来てしまいます。

 

 

肌そのものにも原因はありますが、筋肉にも大きな原因がある所が表情ジワの特徴なんですね。

 

 

で、ボトックス注射はアセチルコリンが過剰に出るのを抑えて表情筋を動きすぎないようにしてシワ(表情ジワ)を消しますが、アルジルリンもこれに似た作用をするという事です。

 

 

(諸説ありますが、ボトックス注射で約50%、アルジルリンで約40%もアセチルコリンの分泌を抑えられるとされているようです。)

 

 

 

 

アルジルリンの安全性・副作用は?

 

 

 

さて、夢のような成分であるアルジルリンですが、副作用はあるのでしょうか。

 

 

「副作用があるに決まってる!」と疑いたくもなりますが、なんと、アルジルリンは植物由来の合成ぺプチドなので、副作用は特になく、アレルギー反応もほぼ確認されていません。

 

 

アルジルリンは安全性が高い成分なんですね。

 

 

本物のボトックスは、効果が高いぶん 表情が引きつったりすることがあり得ますが、アルジルリンはボトックスほど強い作用はないので、表情が引きつる心配もありませんしね。

 

 

ただ、デメリットとしては本物のボトックスほどの即効性や劇的なシワ消し効果はないという事です。

 

 

ボトックスは一発逆転的にガツン!とシワに効かせるけど、アルジルリン化粧品はじわじわ効かせていくイメージですね。

 

 

でも、化粧品で本当にボトックス並みにすぐにシワが消えるんなら、みんなそれを使いますよね。

 

 

デメリットというか、化粧品なので当然ともいえますが、アルジルリン化粧品を使う場合は地道にコツコツお手入れを続ける必要がありそうです。

 

 

「すぐに、劇的な効果がほしい!」という人には、アルジルリン化粧品はおすすめできません。

 

 

 

 

アルジルリン配合化粧品の選び方


アルジルリン配合化粧品の選び方

 

 

アルジルリン配合の化粧品はたくさん出回っていますが、どうやって選べば失敗しないのでしょうか。

 

 

 

アルジルリンは水溶性のためどの成分とも相性が良く、美容液、ジェル、クリームなどのあらゆるタイプの化粧品に配合されています。

 

 

 

アルジルリン(アルジレリン・アルジリン)の成分表示名は「アセチルヘキサペプチド」というので、化粧品の成分をチェックする時は「アルジルリン」ではなく「アセチルヘキサペプチド」と表記してあるものを選びましょう。

 

 

「アセチルヘキサペプチド-3」という風に後ろに番号がついていることもあるよ!

 

 

化粧品の裏表示を見る時は、後ろのほうに記載されるほど濃度が低くなるので、できるだけ前の方に「アセチルヘキサペプチド」と記載されているものを選びましょう。

 

 

 

アルジルリンの原液も売られていますが、刺激が強すぎる場合があるのでいきなり使うのはおすすめできません。よほど肌が強いという自信があり、濃いものを試してみたい!という方は自己責任で使用するようにしてください。

 

 

 

アルジルリン〇%配合!という風に濃度を明記してあるものならなお安心ですね。

 

 

 

(肌が弱くて不安な方は、二の腕などでパッチテストしてから使用してくださいね。)

 

<アルジルリン化粧品の選び方>
・表示名は「アセチルヘキサペプチド」
・成分名が前の方に記載されているもの
・濃度を明記してあるもの
・最初から原液を使うのは避ける

 

 

 

おすすめのアルジルリン化粧品

 

 

 

「アルジルリン、興味はあるけどどの化粧品が良いのかわからない…」という時のために、アルジルリン配合のおすすめ化粧品をご紹介いたします。

 

 

アルジリン化粧品

 

 

エイジングラボルテは、アルジルリンを23%配合した化粧品です。

 

 

アルジルリンと並んで「塗るボトックス」と呼ばれるシンエイクという成分も一緒に配合しているので、シワに強力にアプローチすることができます。

 

 

薬剤師が開発した化粧品であり、ハートフル薬局という薬局を運営している会社から出ている化粧品なので安心感があるところが良いですね^^

 

 

お試しセットが出ているので、どうなんだろう…と迷っている方は1度チェックしてみてくださいね。

 

 

色々試して、自分の肌に合うベスト化粧品を見つけましょう^^

 

 

 

↓エイジングラボルテ トライアルセット
エイジングラボルテ スキンケアモニタートライアルセット

 

 

 

まとめ アルジルリンは1度試してみる価値がある

 

 

いかがでしたか?

 

「シワは消したいけどボトックスまでは出来ない…」という時に、アルジルリンはぴったりの成分であることが分かりました。

 

特に表情ジワにお悩みの方は、アルジルリンは1度試してみる価値がある成分だと思います。

 

コツコツお手入れして、シワなんか気にならないハッピーな毎日を送りましょう^^

 

 

 



 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消