ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗るデメリットとは

ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗るデメリットとは?

ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗るデメリットとは

 

 

※ここではビタミンCで美肌になるには結局どうすれば良いのか?について解説しています。

 

 

ビタミンCアスコルビン酸)と言えば、言わずと知れた美肌成分。

 

 

シミ・シワ・たるみ・ニキビ、毛穴、くすみetc…などあらゆる肌トラブルに効くので、すっかりビタミンC信者になっている方も多いのではないでしょうか?

 

 

でも、いくら肌に良さそうだからと、スキンケア用でもないビタミンCを顔に塗るのはオススメできません。

 

 

「ビタミンCの粉末を水に溶かして顔に塗ってます!」という人が時々いますが、間違った使い方をして”汚肌”にならないためにも、ビタミンCは正しく使用していきましょう!

 

 

 

ビタミンC粉末をそのまま顔に塗るとどうなる?


ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗るとどうなる?

 

 

 

ビタミンC(アスコルビン酸)のサプリとか粉末って、ドラッグストアなどで安く売ってますよね。

 

 

 

“顔に塗る用”じゃなくても、ビタミンCという響きだけでもう、「肌に良さそう!」っていう先入観が出てくると思います。

 

 

 

でも実際、ビタミンC(アスコルビン酸)は、そのままの形では肌にほとんど浸透しないので、水(化粧水)に混ぜて顔に塗っても、効果は期待できません。

 

 

 

それじゃ溶かした分の粉末が無駄なっちゃいますよね。

 

 

 

それどころか、顔がカサカサ乾燥しやすくなったり、紫外線を吸収しやすくなるなど、逆効果になる可能性も!

 

 

 

粉末で化粧水を作った方が安つくし試してみたくなる気持ちはわかりますが、「ビタミンCをそのまま顔に塗ってもあまり意味がなく、逆効果になる可能性がある」というのが本当のところなのです。

 

 

 

「それでもどうしても試してみたい!」という方は、自己責任で使用するようにしましょう。

 

 

 

 

じゃあビタミンCで美肌になるにはどうしたら良い?

 

 

 

ここからは、ビタミンCでぷりぷり肌になるWケアについてご紹介していきます。

 

化粧品だけじゃダメというわけではありませんが、みるみる美肌になるためにはW効果を狙うとより効率的です!

 

せっかくなら貪欲に、ビタミンCパワーをフル活用していきましょう♪

 

 

ビタミンCを含む食材を食べる

 

肌は食べたものでできているので、まずはビタミンCをたっぷり摂って体の内側からぷりぷり肌を目指しましょう。

 

 

ビタミンCは肌のコラーゲンを作るときに必要な栄養素なので、たっぷり摂ることで体がコラーゲンをしっかり作り出せるようになり、シワ、たるみなどの肌トラブルに効かせることができます。

 

 

ポイントは、一度にたくさん摂取するのではなく、こまめに摂るようにすること!

 

 

ビタミンCは体内に溜めておけない栄養素なので、余った分は時間とともに排出されてしまうからです。

 

 

朝、昼、夜の食事でそれぞれビタミンCを摂取するのが理想ですね♪

 

 

ビタミンCが含まれる食材
みかん、キウイ、レモン、アセロラ、じゃがいも、カリフラワー、煎茶、芽キャベツ、唐辛子、赤黄パプリカなど

 

 

摂取量の目安は成人で1日に100mgですが、美容に効かせたい場合は800〜1000mgほど摂っても問題ありません。

 

※摂りすぎると下痢や腹痛などの副作用が起こる可能性がゼロではないので、1日1000mgまでにしておくことをおすすめ致します。

 

みかん1個で35mgほどのビタミンCが含まれているので、冬なんかは、朝、昼、夜に1個ずつみかんを食べれば1日のビタミンC量をクリアできますね。

 

 

化粧品だけでなく、体の内側からもビタミンCパワーを炸裂させて最速でキレイになっちゃいましょ!

 

 

 

"ビタミンC誘導体"配合の化粧品

ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗る

 

 

 

ビタミンCを摂るのと合わせてビタミンC誘導体配合の化粧品を使うことで、WのビタミンC効果を得ることができます。

 

 

 

ビタミンC誘導体とは、そのままの形では肌に浸透しないビタミンCを、肌に吸収されやすいように改良したビタミンCのことです。

 

 

 

つまり「スキンケア用のビタミンC」という事ですね。

 

 

 

ビタミンCはとても壊れやすい成分なので、化粧品に配合しても顔に塗る時には酸化してしまい、効果が得られないというデメリットがありましたが、誘導体化することで化粧品に配合しても壊れにくく、効果が出やすくなっているのです。

 

 

 

なので、きちんと効果を得るためにはビタミンCなら何でもOKというわけではなく、スキンケア用に開発されたビタミンC(ビタミンC誘導体など)を塗るのがベストなんですね。

 

 

 

ビタミンC粉末をそのまま顔に塗れば確かに白くなりそうだしコスパもいいけど、化粧品としてお肌に効くように改良されたものを塗ったほうが、やっぱり効率がいいんですね。

 

 

 

ビタミンC誘導体には3タイプある


顔に塗るビタミンC(アスコルビン酸)の種類

 

 

 

ビタミンC誘導体には3タイプあり、ダントツで美肌効果が高いのが↓3番目でご紹介している新型ビタミンC誘導体(APPS)です。

 

 

APPSとかいてアプレシエと読みますが、普通のビタミンC誘導体と比べて100倍もの浸透力をもつスーパー成分です。

 

 

アンチエイジングしたい方や、強力な美肌効果が欲しい方にぴったりですね。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

 

水溶性ビタミンC誘導体はその名の通り水に溶けるビタミンCで、化粧水ローションによく配合されているものになります。

 

 

肌にすぐ吸収されるので即効性があるのが特徴ですが、刺激が強く肌が乾燥しやすくなるというデメリットもあるので、敏感肌・乾燥肌の人は注意が必要です。

 

 

使用するときは肌の様子を見ながら、保湿ケアもしっかりおこないましょう。

 

 

<水溶性ビタミンC誘導体の特徴>
・即効性はあるが持続性がない
・刺激が強め
・ノーマル肌、オイリー肌の人向け
・敏感肌、乾燥肌の人にはおすすめできない

 

 

 

脂溶性ビタミンC誘導体

 

 

脂溶性ビタミンC誘導体は、おもにこってりとしたテクスチャーの化粧品(クリームや美容液など)に配合されています。

 

 

水溶性のビタミンC誘導体と比べると即効性はありませんが、刺激が弱いので敏感肌・乾燥肌の人でも使うことができ、効果の持続性もあるのが特徴です。

 

 

<脂溶性ビタミンC誘導体の特徴>
・即効性はないが持続性がある
・刺激は強くない
・保湿力が高い
・敏感肌、乾燥肌の人でも使える

 

 

 

新型ビタミンC誘導体(APPS)

 

 

新型ビタミンC誘導体(APPS)は、水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体の両方の性質を合わせ持った新しいタイプのビタミンC誘導体です。

 

 

肌への浸透力がズバ抜けており、アンチエイジング化粧品や美容皮膚科の施術などにもひっぱりだこのスーパー成分。

 

 

その肌への浸透力は、なんと水溶性ビタミンC誘導体の約100倍!

 

 

圧倒的な浸透力を誇っているので、シワ、たるみ、シミ、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、くすみetc…などの肌トラブルにガツンと効かせることができます。

 

 

<新型ビタミンC誘導体の特徴>
・即効性がある
・浸透力がずば抜けており、水溶性ビタミンC誘導体の約100倍も浸透する

 

 

 

たとえばこんなビタミンC化粧品がおすすめ

 

APPS配合なら…

 

100倍の浸透力をもつ新型ビタミンC誘導体(APPS)を試すならスーパーホワイトEX がおすすめです。

 

 

APPS以外にもピクノジェノール、フラーレン、αアルブチンなどの美白成分を高配合しているので、シミやくすみが気になる人や美白を目指したい人にも◎。

 

 

水と油で薄められた化粧品が多い中、このメーカーの化粧品は100%美容成分でできているのが最大の特徴。

 

ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗るデメリットとは?

ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗るデメリットとは?

 

「本気で肌を変えたい!」と切実に悩んでいる方に、一度使ってみてほしいシリーズとなっています。

 

 

↓詳しくはこちら
スーパーホワイトエクストラ

 

 

 

APPSにこだわらない場合

ビタミンC(アスコルビン酸)配合の化粧品

 

 

「新型ビタミンC誘導体(APPS)に別にこだわらない」という人には、リペアジェルがおすすめです。

 

 

とろ〜っと濃厚な美容液で、乾燥肌の方やアンチエイジングをしたい方にぴったり♪

 

 

リペアジェルにはスキンケア用に開発された「ビタミンC生命体」というビタミンCが高濃度(7%)で配合されているので、濃厚なビタミンCをたっぷり肌に届けることができるのが特徴。

 

 

成分の100%が美容成分でつくられているので、リペアジェルを使った皮膚科医さんの92.9%が「使い続けたい!」と回答するほど。(公式サイトより)

 

 

ビタミンC化粧品は肌が乾燥しやすくなるというデメリットがありましたが、リペアジェルは乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめできる濃厚なビタミンC美容液となっています。

 

 

「肌が強くないけどビタミンCコスメが気になる…」という方はぜひ。

 

 

↓リペアジェルの詳細はこちら
「美容のプロが薦める美容液!」美容ランキングでも話題の基礎化粧品が1,980円!

 

 

 

まとめ ビタミンCを正しく使って美肌になろう

 

 

いかがでしたか?

 

ビタミンC(アスコルビン酸)を顔に塗るときは、「ビタミンC誘導体」か「スキンケア用に開発されたビタミンC」を塗るようにしましょう。間違っても 食用のビタミンC粉末を塗ってはいけません。

 

ビタミンC化粧品には刺激が強いものもあるので、使い始めはカサカサしたりするかもしれません。

 

乾燥する場合はクリームでしっかり保湿をおこない、それでも治らないようなら使用を中止してください。

 

自分の肌と相談しながら、ビタミンCパワーで垢抜けたお肌になりましょう^^

 

 

 

 

 

 


関連ページ

アルジルリンの効果・副作用|アルジリン化粧品の選び方
アルジルリンの効果・副作用|アルジリン化粧品の選び方
シンエイクは笑いジワ対策にぴったりの”塗るボトックス”
シンエイクは笑いジワ対策にぴったりの”塗るボトックス”
馬油だけのスキンケアは効果ない?シワが増えたって本当?!
馬油だけのスキンケアは効果ない?シワが増えたって本当?!
ワセリンはほうれい線に効く?悪化する?
ワセリンはほうれい線に効く?悪化する?
ワセリンでおでこのシワは消せる?おでこのしわ対策の注意点
ワセリンでおでこのシワは消せる?
ユースキンでほうれい線ケアする時の4つの注意点
目元のしわはユースキンで消せるものと消せないものがある
目元のしわはユースキンで消せるものと消せないものがある
目の下のしわにオロナインが効く?
目の下のしわにオロナインが効く?
目元のしわにリップクリームは効果的?
目元のしわにリップクリームは効果的?
ボラギノールでしわ取りができるって本当?
ボラギノールでしわ取りができるって本当?
ソンバーユで首のシワは消える?|首のシワが消えない方必見
馬油のほうれい線への効果|お手入れする時の4つの注意点
レチノールで首のしわ対策する時に知っておきたい注意点4つ

 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消