馬油のほうれい線への効果|お手入れする時の4つの注意点

馬油のほうれい線への効果|お手入れする時の4つの注意点

 

 

 

 

馬油はどこにでも塗れて保湿力もあるし、手放せない!という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

ここでは、馬油を使ったほうれい線対策についてご紹介します。

 

 

 

ほうれい線にどんな効果があるのか?ほうれい線ケアするときの注意点などをまとめてみました。

 

 

 

 

 

馬油のほうれい線への効果

 

保湿力がバツグン!

 

馬油は保湿力が高いので、出来はじめの浅いほうれい線なら消すことができます。

 

肌が乾燥すると、ほうれい線だけでなく小じわも目立ってしまいますよね。

 

馬油は油分のかたまりなので、乾燥から肌をまもって小じわを防いだり肌をしっとりとさせてくれます。

 

 

 

 

化粧品の浸透力アップ

 

馬油は浸透力が高いので、スキンケアの最初にブースターとして使うとその後の化粧品の浸透がアップするいう効果もあります。

 

化粧品がなかなか肌に入っていかないときは、馬油を塗ってからスキンケアをするとバッチリですね!

 

 

 

 

 

 

馬油でほうれい線ケアするときの注意点

 

頬の筋トレもする

 

ほうれい線は、肌だけでなく筋肉にも原因があります。

 

頬の筋肉が衰えると、だんだんほうれい線が濃くなってくるのです。

 

馬油でスキンケアするのと合わせて、頬の筋トレもおこなっていきましょう。

 

 

 

 

軽くマッサージもする

 

顔の筋肉がこっているとシワやたるみの原因になってしまいます。

 

馬油でできるのは、肌の表面を保湿することだけです。

 

頬や口元の筋肉をほぐすように、軽いマッサージも取り入れると効果的ですよ。

 

 

 

 

塗りすぎない

 

馬油は「油分」のかたまりなので、あまり塗りすぎるとニキビや毛穴詰まりの原因になってしまいます。

 

顔に塗る前にパッケージをチェックして、1回の使用量を守って塗るようにしましょう。

 

 

 

 

肌のコラーゲン生成を促す化粧品も使う

 

馬油は油分のかたまりなので、肌の表面をうるおすことが全てです。

 

もちろん保湿も大切ですが、ほうれい線は肌のコラーゲン不足(加齢による)によって頬がたるむと出来てくるので、肌のコラーゲンを増やすスキンケアも必要です。

 

25歳をすぎると肌のコラーゲン生成力が衰えてくるので、「肌のコラーゲン生成を促す作用」のある化粧品でお手入れをしていきましょう。

 

馬油はプラスアルファとしては効果的ですが、25歳をすぎたら、スキンケアのメインとして使うのはあまりオススメできません。

 

ほうれい線に効かせるには、肌のコラーゲンをアップさせることが大切なんですね。

 

 

 

 

 

 

まとめ 馬油でほうれい線対策

 

 

いかがでしたか?

 

馬油をスキンケアに取り入れれば、化粧品の効果をアップさせてくれます。

 

でも、25歳をすぎたら、馬油だけでほうれい線ケアするのは難しそうですね。

 

衰えた肌のコラーゲン生成力を上げて、ほうれい線にしっかり効かせていきましょう!

 

 

 

 

 

関連ページ

ビタミンC粉末(アスコルビン酸)を顔に塗るデメリットとは
アルジルリンの効果・副作用|アルジリン化粧品の選び方
アルジルリンの効果・副作用|アルジリン化粧品の選び方
シンエイクは笑いジワ対策にぴったりの”塗るボトックス”
シンエイクは笑いジワ対策にぴったりの”塗るボトックス”
馬油だけのスキンケアは効果ない?シワが増えたって本当?!
馬油だけのスキンケアは効果ない?シワが増えたって本当?!
ワセリンはほうれい線に効く?悪化する?
ワセリンはほうれい線に効く?悪化する?
ワセリンでおでこのシワは消せる?おでこのしわ対策の注意点
ワセリンでおでこのシワは消せる?
ユースキンでほうれい線ケアする時の4つの注意点
目元のしわはユースキンで消せるものと消せないものがある
目元のしわはユースキンで消せるものと消せないものがある
目の下のしわにオロナインが効く?
目の下のしわにオロナインが効く?
目元のしわにリップクリームは効果的?
目元のしわにリップクリームは効果的?
ボラギノールでしわ取りができるって本当?
ボラギノールでしわ取りができるって本当?
ソンバーユで首のシワは消える?|首のシワが消えない方必見
レチノールで首のしわ対策する時に知っておきたい注意点4つ

 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消