レチノールで首のしわ対策する時に知っておきたい注意点4つ

レチノールで首のしわ対策する時に知っておきたい注意点4つ

 

 

 

 

アメリカでブームになり、すっかり美容成分としてお馴染みとなったレチノール

 

 

スキンケアに興味がある方なら、1度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

 

今回は、レチノールで首のしわ対策するときに知っておきたい4つの注意点についてご紹介いたします。

 

 

年とともに出てくる首のしわ、確実にケアするためにもしっかりとご覧ください^^

 

 

 

 

 

レチノールで首のしわ対策する時の4つの注意点

 

首のしわ注意点1 10代・20代前半には必要ない

 

レチノールはアンチエイジングにいい成分なので、10代や20代前半の方にはまだ少し早いかもしれません。

 

 

10代〜20代前半だと まだお肌にコラーゲンがたっぷりあります。

 

 

レチノールが首のしわにいいのは、年とともに衰える肌のコラーゲン生成を促す作用があるからです。

 

 

まだ10〜20代前半の方はコラーゲン生成力も衰えていないはずですので、レチノールではなく保湿成分(セラミドやヒアルロン酸など)で首をケアしましょう。

 

 

まだ若い方の首のしわは、乾燥や寝るときの姿勢によってできることがほとんどなので、レチノールでのケアはまだ必要ありません。

 

 

 

 

 

首のしわ注意点2 夜だけ使う

 

レチノールは日光と相性が悪く、日光に当たると効果が弱まるという特徴があります。

 

 

せっかくのレチノール入り化粧品を無駄にしないためにも、夜だけ使うことをオススメ致します。

 

 

それでも「どうしても朝晩使いたい!早く効果出したいし!」という場合は、朝に使ってもかまいませんが、せっかく買った化粧品が無駄になってしまう可能性があります。

 

 

早く首のしわを消したい気持ちはわかりますが、効果を引き出すためにも夜だけ使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

首のしわ注意点3 最初はカサカサする可能性も

 

レチノールをはじめて使う場合は、肌に塗るとカサカサして乾燥したようになることがあります。

 

 

人によっては赤くなったりすることもあるようですが、肌が強い方は1~2週間ほどで症状が治まってくるようです。

 

 

肌が弱い方や2週間以上たっても症状がおさまらない場合は、使用を中止して様子を見るようにしましょう。

 

 

レチノールを使い始めた日をメモっておくと良いですね^^

 

 

 

 

 

首のしわ注意点4 肌が弱い方は要注意

 

レチノールは刺激が強めの成分なので、肌が弱い方にはオススメできません。

 

 

肌が弱い方は、あごの裏などの柔らかい部分でテストしてから首のしわに塗るのがオススメです。

 

 

とくにレチノール化粧品を初めて使う方は、念のためパッチテストを必ずおこなってくださいね。

 

 

 

 

 

 

まとめ レチノールで首のしわ対策

 

 

いかがでしたか?

 

レチノールは注意点をまもって使えば、アンチエイジングに効果を発揮してくれる素晴らしい成分です。

 

上手く活用して、首のしわをなくしていきましょう^^

 

 

 

 

 

 


 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消