スマホがほうれい線の原因に!スマホで老け顔にならないために

スマホがほうれい線の原因に!スマホで老け顔にならないために

スマホがほうれい線の原因に!

 

 

毎日使っている”スマホ”がほうれい線の原因になっていたとしたら…なんだかゾッとしますよね(*_*)

 

 

ほうれい線は、ただ単に老化や乾燥によってできるのではありません。

 

 

何気なく使っているスマホが、顔のたるみを加速させ、ほうれい線をつくっているかもしれないのです。

 

 

今回は、スマホほうれい線の原因になることについて対処法などをお伝えしていきますね!

 

 

 

 

スマホがほうれい線をつくる!4つの原因

 

うつむき姿勢

 

スマホを見ているときって、顔が少しうつむき気味になりますよね。

 

とくに、電車の中とか、座りながらスマホを見ているときは 首から上だけうつむいたような姿勢になると思います。

 

この姿勢は「スマホネック」と呼ばれ、顔を下へ下へとたるませる元凶!!

 

うつむいた状態が長く続くと、顔のお肉や水分が重力に負けて、下へ下へと下がってきてしまいます。

 

 

 

 

猫背

 

スマホを見ているときって、つい猫背になっちゃいますよね。

 

じつは、猫背は「美容の大敵」です。

 

猫背になると呼吸が浅くなるので、全身の血流が悪くなってむくみやすくなったり、腹筋が衰えて内蔵機能が低下するなど、美容にとって良いことは1つもありません。

 

猫背は楽ですが、間接的にほうれい線の原因になっていたんですね。

 

 

 

無表情

 

スマホを見てるときって無表情ですよね。

 

無表情でうつむいたまま、スマホを長時間いじっていると表情筋が衰えるので、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

 

最近は、まだ若くてもほうれい線が目立つ人もいますよね。

 

スマホやパソコン、タブレットなどが普及し、たるみやすい環境にあることが大きいです。

 

 

 

 

 

スマホでほうれい線をつくらないために

 

姿勢に気を付ける

 

スマホのせいでほうれい線を作らないためには、まず姿勢に気をつけることが大切です。

 

うつむかないように、スマホを水平にして持つようにしたり、スマホスタンドを活用するのも良いですね。

 

自分の姿勢をかえりみて、うつむき姿勢になっていないか?常に気を配っていきましょう。

 

常に姿勢に気を付けるなんて大変〜と思うかもしれませんが、ほうれい線を作らないためには最も大事なことです。

 

 

 

 

長時間ぶっ続けで見ない

 

スマホを長時間ぶっ続けで見ないようにするだけでも違います。

 

できればスマホを使わないようにするのが1番ですが、それはちょっと無理ですよね。

 

なので、長時間続けては使わないようにして、ちょこちょこ休憩を入れるように意識しましょう。

 

 

 

 

たるみ対策スキンケアをしっかり

 

スマホのせいでほうれい線を作らないために、たるみ対策をしっかりおこなっていきましょう。

 

ほうれい線は「頬のたるみ」によってできるので、普段から頬の筋肉を使うように意識すると効果的です!

 

「あいうえお体操」で顔をほぐすようにしたり、表情筋グッズを使うのも良いですね。

 

(※あいうえお体操とは…「あ・い・う・え・お」の顔をそれぞれ15秒ずつキープして表情筋を鍛える体操。しわにならないように注意しながら、できれば鏡をみて行うのがオススメ)

 

また、肌のたるみ対策として、「有効成分」が入った化粧品でケアするのも効果的です。

 

有効成分とは、年とともに衰えた肌のコラーゲン生成をサポートしてくれる成分のことです。

 

肌のコラーゲンが減るとたるみにつながり、ほうれい線が出来てしまいます。

 

有効成分でスキンケアすることで、肌のコラーゲンを増やしてたるみの予防・解消につながってきます。

 

 

 

 

まとめ ほうれい線の原因はスマホ?!

 

 

いかがでしたか?

 

スマホは便利ですが、何も意識せず使っているとほうれい線の原因になってしまうんですね。

 

未来の肌のために スマホの使い方には気を付けて、たるみ対策もしっかりおこなっていきましょう^^

 

 

 

 



 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消