日焼けしたあとのケア

日焼けしてしまったら…日焼けしたあとのケア〜3つの鉄則〜

日焼けしてしまったら…日焼けしたあとのケア

 

 

「うっかり日焼けしてしまった…どうしよう」という時、どうやってケアしていますか?

 

 

なんとなくいつもと同じケアをするだけという方も多いかもしれません。

 

 

ここでは、日焼けしたあとのケアについて、3つの鉄則をお伝えしています。

 

 

ずっと家にこもってるわけにもいかないし、うっかり日焼けしてしまうことは誰にでもありますよね。

 

 

この鉄則をまもれば日焼けの影響を最小限におさえることができます。早速実践してみてくださいね(^^)

 

 

日焼けしてしまったら|3つの鉄則

 

日焼けしたあとのケア1 肌を冷やす

日焼けしてしまったら、まず肌を冷やしましょう。

 

日焼けは軽いやけどと同じなので、熱を冷ますようにして保冷剤などで冷やします。

 

熱をもつと良くないので、日焼けしてしまった日はお風呂につかるのは控えた方が良いでしょう。ぬるめのシャワーで済ませるのがベストですね。

 

顔の場合、とくに鼻や頬骨のあたりが日焼けしやすいパーツなので良く冷やしましょう。

 

 

 

日焼けしたあとのケア2 たっぷりの保湿

肌をよく冷やしたら、たっぷり保湿していきましょう。

 

「日焼けは軽いやけどと同じ」といった通り、日焼けした肌はカピカピに乾燥した状態です。

 

保湿成分がたっぷり配合されている化粧品でたっぷりうるおいを補給しましょう。

 

セラミドという保湿成分が配合されたものが特におすすめです。セラミドの保湿力は最強なので!

 

なければヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分でもかまいません。

 

日焼けしたあとの肌はとくにデリケートなので、肌をこすらないようにそーっと優しくつけていきましょう。

 

※肌がヒリヒリと痛い場合は、無理してつける必要はありません。日焼けがひどい場合は病院にいってみてもらうことをおすすめ致します。

 

 

 

日焼けしたあとのケア3 ビタミンをたっぷり補給

日焼けしてしまったら、体の内側からのケアもがんばりましょう。

 

日焼けの影響を最小限にするために、ビタミンをたっぷり摂るようにします。

 

とくに、美肌にかかせない「ビタミンACE(エース)」と呼ばれるビタミンA、ビタミンC、そしてビタミンEをしっかり摂るようにしましょう。

 

たくさん摂るのが大変という場合はサプリでもかまいません。

 

ビタミンA,C,Eにタンパク質もしっかり摂るようにすると更に良いですね。タンパク質は肌そのものを作る材料なので、不足しないようにしましょう。

 

 

 

まとめ 日焼けしてしまったら

 

 

いかがでしたか。

 

 

うっかり日焼けしてしまっても、これらの鉄則をまもれば肌への影響をおさえることができます。

 

 

だからといって日焼け対策しないのはダメですけどね、日焼け対策もちゃんとしつつ、こういったアフターケアもちゃんとすれば完璧です!

 

 

日焼けしてしまっても焦らずに、お肌をいたわってケアしてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 


関連ページ

車の中での紫外線対策|車内でも気を抜かないで!
車の中での紫外線対策
日焼け止め塗っても焼けるのはなぜ?考えられる原因
日焼け止め塗っても焼ける理由
スマホがほうれい線の原因に!スマホで老け顔にならないために
スマホがほうれい線の原因に!スマホで老け顔にならないために

 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消