笑いジワを消すために実践した6つのケア

笑いジワが3ヶ月で薄くなった!6つのケアとは【画像アリ】

 

 

 

初めまして!ご訪問ありがとうございます。

 

 

このページでは、目の下の笑いジワが実際に薄くなったケア方法を公開しております。

 

 

 

↓まだ完全には消えてませんが、目の下の笑いジワが薄くなってきました。

 

目の下の笑いジワが3ヶ月で薄くなった比較写真

 

 

笑いジワが消えなくて「整形でもしなきゃ消えないかも」と諦めてた時期もありましたが、

 

美容皮膚科医の方が書かれた本を読み漁ったりしてケアを変えていったところ、少しずつ変化が出てきたので、「整形なしでも笑いジワはマシにできる!」というのが今の意見です。

 

 

自分でも、目の周りにハリが出てきたなぁと実感してます(^^)b

 

 

今思えば、笑いジワに悩んでる割に”保湿ケア”くらいしかしてなかったので、「それじゃ消えなくて当たり前だよ!」と過去の自分に言ってやりたいです苦笑

 

 

具体的には6つのケアを実践したので、1つずつ書いていきたいと思います(‘ω’)ノ

 

 

 

 

笑いジワを消すために行った6つのケア


 

笑いジワ改善1. ピーリング

 

まず、ピーリングを週に1〜2回しました。

 

 

それまでピーリングってあんまりやった事なかったんですが、

 

美容皮膚科医の方が書いたアンチエイジング本によると、シワ・たるみは肌のコラーゲンが減ったことがおもな原因なので、減ってしまったコラーゲンを増やすピーリングが効果的と書いてあったからです。

 

 

「ドクターが言うなら間違いない!しかもアンチエイジングに詳しい皮膚科の先生が言うなら」と言うことで(単純)ピーリングを始めたのでした。

 

 

ピーリングをすると肌の細胞が活性化されるので、続けていくと肌がふっくらしてハリが出てくるという。

 

 

確かに、ピーリングすると頬の毛穴もちょっとマシになる気がするので、たるみにも効いてる感じです♪

 

 

☆笑いジワ改善ポイント☆
「ピーリング剤ならなんでもOK!」というわけではなくて、AHA(グリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・酒石酸・乳酸・シトラス酸・フルーツ酸など)という成分が入ってないと意味がないので、成分をチェックして選んでみてね(‘ω’)ノ

 

 

 

笑いジワ改善2. 肌のコラーゲンを増やす化粧品に変えた

 

 

そして、笑いジワ対策においてもう1つ大事なのが、「肌のコラーゲンを増やす化粧品」でお手入れすること!

 

 

それまで私は保湿力で化粧品を選んでたんですが、年をとってくると肌のコラーゲンが少なくなってくるので、それだけじゃ追いつかなくなってしまいました。。

 

 

25歳くらいから、生成されるコラーゲン量よりも分解されるコラーゲン量の方が上回ってくるので、コラーゲンの少ないスカスカ肌になり、笑いジワが出来てしまうんですね(>_<)

 


こんな風に↑25歳以上のシワは、土台から崩壊してる状態。

 

 

私は、アンチエイジング本を読んで勉強するまでは、笑いジワをなくすのに1番大事なのは保湿だと思ってました(*_*)

 

 

でも、「肌のコラーゲンが増えないと意味がない」と知ってからは、化粧品の成分にこだわり始めました。

 

 

エイジングケア本によると、肌のコラーゲンを増やすには、レチノールビタミンC誘導体成長因子などの有効成分が効くらしい。

 

 

これらの成分には、「肌がコラーゲンをたっぷり作り出せるようにサポートする働き」があるんだとかφ(..)

 

 

それで、これらの成分が入った化粧品をいろいろ探してみました。

 

 

☆肌のコラーゲンを増やす成分一覧☆

 

1.レチノール
→シワに効く代表的な成分。効果が強い分刺激も強い。最初は皮膚がめくれたり赤くなったりすることがある。日光と相性が悪く光毒性があるため夜のみ使うこと。

 

2.ビタミンC誘導体
→シワ、シミ、毛穴、たるみに効く万能な美容成分。レチノールなどより効果は弱いが刺激も少ない。

 

3.成長因子
→肌のコラーゲンを作り出す細胞(線維芽細胞という細胞)を元気にしてコラーゲンを増やすスーパーアンチエイジング成分。EGF、FGF、IGFなどがあり別名グロースファクターと呼ばれる。

 

 

↑どの成分が良いか迷ったんですが、レチノールは光毒性があって日光との相性が悪いことや、はじめて使うには刺激が強いというのを知ってやめました。

 

 

で、ビタミンC誘導体or成長因子が入ってる化粧品を探して辿り着いたのがコレ↓

 

 

成長因子がたっぷり入ってる透輝の滴(とうきのしずく)という美容液です。

 

 

よくある「○○配合!」って書いてある化粧品って、水と油にほんのちょびっと有効成分を加えただけのものもたくさんありますが、

 

 

とうきのしずくは、ボトルの中すべてが美容成分で出来てるという濃すぎる美容液でした。

 

 

手に出してみると、濃厚でトロ〜っとしてて、お風呂上がりに塗ると肌がごくごく吸収していく感じ。

 

 

ちなみに、↓とうきのしずくのパンフレットについてた手の比較画像がこちら

 

 

 

 

左手だけに"とうきのしずく"を塗り続けると↑こんなに差が出る!!あきらかに左手だけふっくらモッチリしてますね。

 

 

 

↓とうきのしずくについてはこちら
ドクターリセラ<透輝の滴>

 

 

 

成長因子(グロースファクター)のような、肌のコラーゲンを増やす成分が入った化粧品で毎日お手入れすること!が2つめのポイントになります(‘ω’)ノ

 

 

☆笑いジワ改善ポイント☆
25歳をすぎてから笑いジワをなくすには、肌のコラーゲンを増やすことが大事!
肌のコラーゲン生成を促す成分(レチノール、ビタミンC誘導体、成長因子など)がたっぷり入った化粧品でスキンケアをはじめよう!

 

 

 

 

笑いジワ改善3. 表情筋ケア

 

 

 

笑いジワは肌だけに原因があるのではなく、顔の筋肉が硬くなっていることも原因でした。

 

 

笑った時の表情のクセが筋肉についたまま取れなくなる→笑いジワが定着していく!!

 

 

しかも、顔の筋肉のコリはたるみも加速させてしまうので、放っておくとどんどん老け顔になってしまうらしい(!)

 

 

確かに、それまで顔の筋肉のケアって特に何もしてませんでした。目に見える肌のケアしかしてなかったです(>_<)

 

 

なので、1日の終わりに「顔の筋肉をほぐす習慣」をつけるようにしました。

 

 

笑いジワを定着しにくくするには、顔の筋肉を柔らかくしておくことが大切だったんですね。

 

 

私は目元の笑いジワが気になるので、目の周りの骨に沿って、気持ちいいと感じるところを指で軽くプッシュしたり、

 

 

寝る前にホットアイマスクをしたり、家にかえったらすぐ眼鏡にしたりして筋肉をいたわるようにしました。

 

 

1日の終わりに身体のストレッチをするように、顔の筋肉もほぐしてあげることが大事だったんですね(‘ω’)ノ

 

 

笑いジワは筋肉を動かしたときに出来るシワなので、筋肉のケアも必要でした。

 

 

 

 

 

笑いジワ改善4. アイクリームでラップパック

 

 

そして!スキンケアの仕上げとして、アイクリームでラップパックを取り入れました♪

 

 

目元は、顔の中でもダントツに皮膚が薄いパーツですが、アイクリームはそんな目元の皮膚に効くように設計されています。

 

 

アイクリームを目の周りにたっぷり塗ったら、上からラップをして5分ほど放置します。(ホットタオルをラップの上から乗せると効果アップ!)

 

 

肌が柔らかくほぐれているお風呂上がりにこのラップパックをすると、より効きます。

 

 

アイクリームはちょっとしか入ってないのに高いイメージだったので、それまで全顔用のクリームを目元に塗ったりしていましたが、やっぱり目元のためだけに開発されたアイクリームの方が良いですね。

 

 

朝と夜の2回 目元に塗るようにして、夜だけラップパックをするようにしました♪

 

 

シワに効かせるポイント
・シワに効くアイクリームを塗る
・お風呂上がりに塗る
・手のひらを温めてから塗る
・軽くマッサージしながら塗る
・ラップで覆ってホットタオルをのせる

 

 

 

笑いジワ改善5. ヒアルロン酸ニードルで週1回ケア

 

 

 

そして、週に1回のスペシャルケアとしてヒアルロン酸ニードルも取り入れました。モデルさんがよくやってるやつですね。

 

 

↓ヒアルロン酸でできた細か〜い針がシートに張り巡らしてあるんですが、これを貼って寝るだけです。

 

 

(ヒアルロン酸が溶けきるまで5時間くらいかかるので寝てる間が最適!)

 

 

私は目元の笑いジワが気になるので目の下に貼ってますが、ほうれい線が気になる人は口元に貼って寝てもOK。

 

 

針のおかげで、手で塗るより圧倒的に深いところまでケアできるんですね。

 

 

自宅でプチ整形♪という気分で週に1回使ってますが、目の下って1番シワができやすいパーツだと思うんですけど、ヒアルロン酸ニードルをした翌日はやっぱりハリがありますね↑

 

 

モデルさんがよく使ってるやつはお高かったので、お手頃な↓ヒアロディープパッチというやつにしました。

 

 

 

 

金曜の夜にコレを貼って寝ると、目元ぷるぷる♪で週末を過ごせます(‘ω’)ノ

 

 

普通の化粧品に限界を感じたときの、救世主的なアイテムですね。

 

 

↓ヒアロディープパッチについてはこちら
『ヒアロディープパッチ』

 

 

 

 

笑いジワ改善6. 日焼け止めを変えた

 

 

そして、忘れてはならないのがコレ!日焼け止めです。

 

 

何気にめっちゃ大事!

 

 

笑いジワをこれ以上深くしないための「予防」にはなりますが、「肌老化の80%は紫外線によるもの」といわれるほどなので、日焼け止め選びは大切ですよね!

 

 

で、笑いジワ対策において1番大事なのは、「UV-A」をカットすること!

 

 

というのも、紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がありますが、このうち笑いジワの原因になるのがUV-Aだからです。(UV-Bはシミの原因)

 

 

↑上図のようにUV-Aは肌の奥まで届くので、コラーゲンを壊してシワ・たるみを作ってしまいます。

 

 

なので、笑いジワを予防するにはUV-Aをどれだけカットできるかが大事なんです。

 

 

私はそれまで、日焼け止めはSPFばっか見てたんですが、UV-AをカットするにはPAの方が大事だったんですね。

 

 

日焼け止めのパッケージを見ると、PAの横に+がついてると思いますが、+が多いほど、強力にUV-Aをカットできるということ!

 

 

これを知ってからは、ドラッグストアなんかで日焼け止めを選ぶときもPAばっかり見るようになりました。笑

 

 

今は、普段はPA++のものを、1日外にいる日はPA++++のものを使ってます。

 

 

もちろん+が多いほど肌にも負担がかかるので肌が弱い方にはオススメできませんが、私は笑いジワが深くなるほうが嫌なので、そうしています。

 

 

日焼け止めを変えたからといって笑いジワがいきなり消えることはないけど、紫外線は年中無休で出てるし、長い目でみてかなり大事なことですよね!

 

 

笑いジワだけでなく、小じわやたるみを防ぐためにもPAはかなり大事!

 

 

みなさんも、日焼け止めを選ぶときはPAをチェックしてみてね(‘ω’)ノ

 

 

 

 

 

 

まとめ 笑いジワ対策はお早めに

 

 

 

 

ここまでの内容をざっくりまとめると…

 

 

☆笑いジワを改善する6つのケア☆
1. ピーリングを週に1〜2回
2. コラーゲンを増やす化粧品に変えた
3. 表情筋ケアを毎日する
4. アイクリームでラップパック
5. ヒアルロン酸ニードルを週1回する
6. 日焼け止めはPA値の高いものを使う

 

 

私は何が何でも笑いジワをなくしたかったので気付けばケアが6つにもなってましたが、1つでも参考になることがあれば幸いです。

 

 

まだ笑いジワが完全に消えたわけではありませんが、「これは良い!」というケアが新しく出てきたらまた追加していきたいと思っています(‘ω’)ノ

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

笑いジワの悩みが軽くなるように、一緒にがんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

当サイトの人気ページまとめ

 

 

このサイトの主要なページをまとめました。気になるページをクリックしてご覧ください!

 

 

部位別:笑いジワ解消法

化粧品で笑いジワ対策

目尻
目の下
口元

おでこ
眉間
あご

 

アヤナス→敏感肌・ストレス肌に
ビーグレン→目元専用プログラム

 

美容整形で笑いジワ解消

その他の笑いジワ解消法

・目元の笑いジワを消す美容整形
・口元の笑いジワを消す美容整形
・メス・針を使わないシワ取り治療
・首のシワは整形で消せる?

目が大きいと目元の笑いジワができやすい?
笑いジワができやすくなる7つの原因
ほうれい線ができやすい顔の特徴と対策
痩せたらシワが目立ってきた…原因と対策
ほうれい線が片方にだけできるのはなぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
目尻の笑いジワ解消 目の下の笑いジワ解消 口元の笑いジワ解消 頬の笑いジワ解消